村上うさぎのほほほのほ!


詩集を出すのをきっかけにブログを始めてみました!
by super-usagi
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
自己紹介です!

村上うさぎは2011年7月に第一詩集を出版しました!
カテゴリ
最新の記事
今日はうまくいかなかった日だ..
at 2017-08-21 23:51
今気に入っている歌です。
at 2017-08-12 01:01
台風一過
at 2017-08-07 22:47
服部緑地 緑化植物園
at 2017-06-16 00:17
薔薇の給水
at 2017-05-23 23:10
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
タグ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

映画「アキハバラ@DEEP」

石田衣良の原作が面白くって、今、また読みなおしているので、映画も見直してみた!原作を読んでいるので、映画の方が少し物足りない感はあるものの、楽しんで見れた。

吃音のある主人公ページに成宮寛貴、フリーズの発作のあるタイコに荒川良々、過度の潔癖症、女性恐怖症のボックスに忍成修吾、メイド喫茶でバイトをする格闘家美少女アキラに山田優、アルビノ(原作では)で、日光過敏症を持つ16歳の天才的プログラマーイズムに三浦春馬。

デジタル下層の仕事をしていた、ページ、タイコ、ボックスはネット上で人生相談をしていたユイの紹介で出会った。ユイが亡くなったことで、ユイをとうしてイズムにも出会い、アキラも加わり、小さなデジタル会社「アキハバラ@deep]を立ち上げることになり、そこで、画期的な検索エンジン「クルーク」を開発したが、大手IT企業デジタルキャピタルが、それを吸収しようとするが断られたことで、卑劣な手を使い、データを盗んでしまう。デジタルキャピタルには、社内にも、代表の中込に対し、そのやり方に批判的な社員が、覆面抗議活動をしていた。アキハバラ@deepの面々は、打ちひしがれるものの、立ち直り、クルークの奪還を目指す。

なんと調べてみるとドラマでもやっていたことが判明!!なんと、ページをあの朝ドラの「純と愛」の愛(いとし)役の風間俊介君がやっていたとか。ボックスには生田斗真。びっくりしました。イズム役が女性になっていたそうだけど。

アキハバラ@DEEP [DVD]

東映ビデオ

スコア:


by super-usagi | 2012-12-28 20:45 | 映画 | Comments(2)
Commented by らお at 2013-01-05 19:17 x
私も原作読みました。
最初のうち、オタクっぽくてどうしようと思っていたらどんどんはまって、
最後はスカッとしました。
あのネットの中のいるかさん、ずっと一緒にいたかったわ。
Commented by super-usagi at 2013-01-05 19:50
わあ、らおさんもお読みになったのですね!!おもしろかったですよね!!プロローグの「ここではハイテクは蹴り飛ばしてつかうものなのだ」という言葉に衝撃をうけました。
<< しゃか君です 今夜はイブ! >>