村上うさぎのほほほのほ!


詩集を出すのをきっかけにブログを始めてみました!
by super-usagi
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
自己紹介です!

村上うさぎは2011年7月に第一詩集を出版しました!
カテゴリ
最新の記事
ハロウィンブッフェ
at 2017-11-12 23:14
万聖節に
at 2017-11-01 02:51
ハロウィンのプレゼント!
at 2017-10-16 23:56
夏のお疲れ会
at 2017-10-01 18:32
頭の上にはいつもジェット機
at 2017-09-17 22:31
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
タグ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

杉山平一先生お亡くなりになる

私が杉山先生の訃報を聞いたのは旅先でした。友人がメールで知らせてくれたのです。驚きました。

というのも、6月にある帝塚山学院同窓会にて、杉山先生の出版記念会をしようと、長年学院で助手をされていた、同窓生のsさんからの呼びかけで、ご相談させて頂いていたところだったのだ。お目にかかれるのを本当に楽しみにしていた。

昨年私の拙い詩集の帯にお言葉を頂き、何度かお便りの交換をさせていただいたのだが、長い時を超えて、生前の杉山先生におめにかかることは叶わなかった。

けれど、おやさしい先生のお気持ちが伝わるお写真を私は最後に頂いていた果報者です。

出版お祝いのお花をお送りした時、お礼のお手紙を頂いた。そこには、私の送らせて頂いた花の横で、お若い頃とお変わりないような美しい先生が、座られ本を開いていらっしゃるお写真を一葉同封して下さっていいたのだ。本棚にお写真を飾り、その暖かいまなざしを受けている。

思い起こすのは、1983年、私が詩展に入選した際、会期後だったが、上京された先生がお会い下さった時のことだ。場所は新宿のタカノフル―ツパーラー。私は難治性てんかんで、発達障害も顕著になってきたまだ4才の息子をつれていた。多動だった息子はじっとしておらず、お話どころではなくなって、おまけに高価なフルーツパフェかなんかを先生に御馳走させてしまったことだ。

先生からはそのあとお便りを頂き、その一節に「子供の時行儀よくよいこだったのに大きくなっての非行を嘆く親が多く、子供の時あばれるのはいいかもしれません」と書いてくださっていた。確かに、息子はよい大人になりました先生。

お葬儀参列させて頂き、安らかにお眠りになっている先生と対面叶いました。ほんとうに残念でしたが、先生の思い出は深くきえることがありません。先生どうもありがとうございました。御冥福をお祈り申します。
by super-usagi | 2012-05-24 22:17 | | Comments(2)
Commented by らお at 2012-05-25 09:45 x
お悔やみ申し上げます。
詩集にもお名前出ていましたね、確かあとがきだったっけか。
Commented by super-usagi at 2012-05-25 17:21
「希望」で第30回現代詩人賞を受賞され、東京である6/2の授賞式に参加されるのも楽しみにされていたようです。ほんとにいい詩集です、「希望」よければお手に取って下さい!
<< 捻挫 大須観音とお団子屋さん >>