村上うさぎのほほほのほ!


詩集を出すのをきっかけにブログを始めてみました!
by super-usagi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
自己紹介です!

村上うさぎは2011年7月に第一詩集を出版しました!
カテゴリ
最新の記事
薔薇の給水
at 2017-05-23 23:10
母の日か。
at 2017-05-14 22:03
ひどいゴールデンウィーク
at 2017-05-07 22:30
短い詩を
at 2017-01-25 23:22
大塚国際美術館
at 2017-01-09 19:10
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
タグ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

インドな兄貴

友人とファミレスでいい席を確保して、さ~モーニングろうとしていた時、日本人にしては色黒な兄貴が一つおいて隣に座った。兄貴が黒いショートジャケットを脱ぐや否や友人が「うわ~、臭い香水の匂いして来た!」確かにわずかに臭う。友人は鼻がいいらしく、鼻をへしまげて、「おまけにガラムマサラの匂いする~!!」と叫んでいる。

確かにインドのお方らしい。しかし、この兄貴はちょっと違っていた。まるでインド映画に出てくるスターのような出で立ちなのである。インド版ハンサムを踏襲するスタイルは完全に浮いている。完全に自分はハンサムだと思い込んでいるらしい。斜め向かいに座った友からはブラックペッパーで真っ黒になったスクランブル・エッグに塩をどんだけ振るん~!!な手元が見えていたらしい。

友人は「トースト食べてるのにカレー食べてるみたいやわ!」と言い出す始末。「あんたそれ以上言うたら、国交問題なるで~」と私がいったその時、うんじゃらじゃ~ん♪と鳴り出す音楽。それはやはり兄貴の携帯であった。(^_^;)

「インドで空港ついたらすぐこの匂いやで」という私に、「ほんならファブリーズ両手に噴射しながら歩くわ!背中に噴霧器担いで歩くわ!!」(笑)こいつとは旅はできんな、と思う私たちをおいて、インド映画な兄貴は颯爽と店を出て行った。
by super-usagi | 2012-04-24 19:18 | 日常 | Comments(0)
<< 断捨離の聖域 ラングストン・ヒューズと断捨離... >>