村上うさぎのほほほのほ!


詩集を出すのをきっかけにブログを始めてみました!
by super-usagi
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
自己紹介です!

村上うさぎは2011年7月に第一詩集を出版しました!
カテゴリ
最新の記事
服部緑地 緑化植物園
at 2017-06-16 00:17
薔薇の給水
at 2017-05-23 23:10
母の日か。
at 2017-05-14 22:03
ひどいゴールデンウィーク
at 2017-05-07 22:30
短い詩を
at 2017-01-25 23:22
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
タグ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

いつか、何処かで

人には誰しも、言えなかったことというのがあると思う。
誤解をときたかったのに、謝りたかったのに、ありがとうといいたかったのに、どうしても言えないシチュエーションになってしまったり、物理的に無理になってしまったり。人生というのはそういう局面も含めて暗闇もあるはずだ。ないという人がいるのかもしれないが、私にはある。

話は変わるが、昔、息子が原学級の小学校から、養護学校の中学に入学した時、私には「すごい人だ」という噂がたっていた。普通校で、個人で独自の通信を発信したりしていた私は過激な人だと思われ、恐れられていたようだ。ちゃんと付き合ってくれた友達から後で聞いたことだった。そして、噂の根源になっただろう人を後に知ったが、まるで私の事を知らない人だった。要するにその人には私が想像を絶しったんであろう。想像を絶すると、阻みたいもの、怖いものになってしまうみたいだ。「泣いた赤鬼」という浜田廣助の絵本を思いだした。鬼は人間と友達になりたくて、お菓子やお茶を用意して待っているが、人は恐れて逃げてしまうのだ。

話は戻るが、私には誤解を解きたかった人、謝りたかった人、ただ、ありがとうと言いたかった人がいる。何処かで、いつか、その願いが叶うならと、思いながら。
by super-usagi | 2012-02-09 21:15 | 日常 | Comments(0)
<< 我が家のエリカ様 イメチェン >>