村上うさぎのほほほのほ!


詩集を出すのをきっかけにブログを始めてみました!
by super-usagi
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
自己紹介です!

村上うさぎは2011年7月に第一詩集を出版しました!
カテゴリ
最新の記事
短い詩を
at 2017-01-25 23:22
大塚国際美術館
at 2017-01-09 19:10
Happy New Year..
at 2017-01-03 21:14
韓国映画ってなんでこんなにお..
at 2016-11-28 23:17
ハロウィンの頂きもの!
at 2016-10-25 22:07
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
タグ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

映画「埼玉のラッパー2」

1を飛び越して2をみてしまったわけだけど、いや、おもしろかった!!

あゆむはこんにゃくやの娘、家業をしているが、ラップが忘れられない。埼玉のラッパー「将軍」が、あゆむの住む群馬の、ラッパーの伝説のタケダ先輩の聖地に花を手向けにやってきたことから、あゆむの心に火がつく。あゆむにとってもタケダ先輩はラップをおしえてもらったある意味神であった。高校のころ、女子5人でやっていたラップグループ「B-Hack」の主要メンバー、みっつが実家の旅館が借金まみれで母が逃げたことでその整理に東京から戻ってきて、ソープ嬢になっているマミー他5人がまた集まり、コンサートをひらこうとするがうまく行かず・・・。
 心打ちのめされ一切合財のお宝を捨てたあゆむだが、応援してくれていた母の法事に、またみっつ、マミー、「将軍」がやってきて、繰り出す本音のラップに、あゆむも心を吐きだすようにラップしていた。

涙一筋ながしてしまいましたダ!本音がいいね。ビックになるとか、かんとかラップしてた高校生のころは、それはそれなりよかったのだろうけど、傷ついて、現実とぶつかって、うまれるリリックは、それを乗り越えて生きる意味になる。
by super-usagi | 2011-11-05 19:09 | 映画 | Comments(0)
<< さようならレコード 清水昶さん追悼会 >>